アサヒエンジニアリング

管更生工事 管更生工事

光硬化工法とは

マンホールから更生材を引き込み、光で硬化させる更生工法です。
非開削で自立管や二層構造管が施工できる現場硬化型の形成工法で、施工時間の短さや現場環境対応の柔軟性から、需要が高まっています。

施工手順

① 調査、事前処理

管路内洗浄

高圧水によって付着物・汚染物を除去。
木根などを切断することもあります。

異物除去

コンクリート片、木根、錆こぶなどを高圧水や機械式除去具で除去します。

突き出し・段差解消

チップ付き切削具などの切除装置を使って行います。

② 管更生工

1. 引込工

既設管内にシームレスライナーを引込み挿入します。

2. 拡径工

圧縮空気でシームレスライナーを拡径します。

3. 硬化工

管内に引き入れたUVライトを走行させ、シームレスライナーに光を照射して硬化させます。

4. インナーフィルム除去工事工

硬化後、インナーフィルムを除去します。

5. 取付管口穿孔工

シームレスライナーの両端部を切断後、管内からロボットカッターを用いて取付管口の穿孔を行います。

光硬化広報協会はこちら

施工風景

  • 材料確認

    材料確認

  • 材料引込状況

    材料引込状況

  • 材料引込状況

    材料引込状況

  • UVライト挿入状況

    UVライト挿入状況

  • UVライト点灯状況

    UVライト点灯状況

  • UVライト点灯状況

    UVライト点灯状況

  • 硬化管理

    硬化管理

施工風景

  • 材料確認

    材料確認

  • 材料引込状況

    材料引込状況

  • 材料引込状況

    材料引込状況

  • UVライト挿入状況

    UVライト挿入状況

  • UVライト点灯状況

    UVライト点灯状況

  • UVライト点灯状況

    UVライト点灯状況

  • 硬化管理

    硬化管理

ページトップ